スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

遠征。DWSしたいもん。

まだまだいくよ~~~。
最後は16~20日に行ってきた某所でのDWS。
SBCA0205.jpg
メンバーはikeさん、Linda、そして俺、なかとぅだぁ~~。

続きを読む

スポンサーサイト

2010年09月29日 ロッククライミング トラックバック(0) コメント(1)

糸島ボルダリング

連続更新行くぜ~。引き続きなかとぅがお送りするよ!
P9090739.jpg
今月8日(だったかな?)、われ等がOBK宮さんに誘われて糸島でボルダリングしてきました。
現役からの参加者はなかとぅとだーいし。
(だーいしが写真係りだったので本人の写真はなし!すまん・・・)

続きを読む

2010年09月28日 ロッククライミング トラックバック(0) コメント(4)

登内川沢登り

最近は洞窟だけでなく人生でも絶賛探検中のなかとぅです。
先月の宮崎県は登内川での沢登り活動の報告をするよ!
P1170428.jpg
メンバー:なかとぅ、にーにーさん、kim、山ちゃん(仮)

続きを読む

2010年09月28日 沢登 トラックバック(0) コメント(1)

「もののけの森」、「太古の原生林」屋久島合宿

images.jpg

屋久島...。それは神秘の島。

世界自然遺産に登録され、また映画「もののけ姫」の舞台になったことが知られるこの島。
近年では↑の影響もあってか観光客が増加し、美しく、そして貴重な自然が失われていくことへの危機感が高まっている。

しかし、九州最高峰の宮之浦岳を擁し、「洋上アルプス」の異名すら持つその険しい地形と屋久杉に代表される様々な樹木に覆われた深い森はいまだに人類の侵入を拒み、日本のいや地球の原風景を残し続けている。

果たしてこの神秘の島の奥深き森の中、その深奥には何があるのか。それは人類未踏の秘境か、あるいは屋久島に宿る太古の精霊か。

我々九大探検部メンバー、738・コンドム・イノッチは未知なる世界を求めて屋久島に向かうのであった。

続きを読む

2010年09月25日 シーカヤック トラックバック(0) コメント(0)

写真展「平尾台・秋吉台・石垣島の洞窟」のご案内

どうも、塾の生徒に「なんかやたら黒いね」と言われたkimです こんばんは。

半袖長ズボンでラダー訓練してたから足は大根みたいに白いけどな!

先日かの浦田先生から平尾台自然観察センターにて行われる写真展のお知らせが届いたのでここでご紹介致します。

以下お知らせ本文です。




平尾台自然観察センター写真展  
「平尾台・秋吉台・石垣島の洞窟」

■期日:2010年9月1日~10月31日
■会場:福岡県平尾台自然観察センター
 〒803-0180 福岡県北九州市小倉南区平尾台一丁目4番40号
 Tel:093-453-3737、Fax:093-452-3739 begin_of_the_skype_highlighting 093-452-3739 end_of_the_skype_highlighting
 http://www.hiraodai.jp/hnoc/
■開館 9:00~17:00
■休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
■入館料 無料
■駐車場 正面に市営駐車場(無料)あり。
(約110台・大型バス駐車スペースもあり)


ごあいさつ

 最近の私のカルスト研究活動の拠点としている、福岡県平尾台、山口県秋吉台、そして沖縄県石垣島カラ・カルスト地域の洞窟と活動内容を写真とその解説とで紹介したいと思います。
 平尾台では地形・地質・地下水・気象調査に加えてカマネコ探検隊による探検や技術訓練、秋吉台では国天然記念物である景清洞と大正洞の調査、新石垣空港建設地のカラ・カルストでは自然保護の基礎となる学術調査を実施しています。3つの地域を見比べながらカルストと洞窟の自然とその保全に関心を持っていただけたら幸いです。

 浦田健作 
 大阪経済法科大学地域総合研究所客員教授
 カラ・カルスト地域学術調査委員


<写真題>
平尾台(福岡県)編
1.千草台のドリーネ群
2.広谷の穴の石筍
3.青龍窟・田代の岩屋の急斜面
4.青龍窟・田代の岩屋生徒手帳ルート
5.不動洞の地下川探検
6.広谷の穴の落差10mの滝
7.千仏鍾乳洞で昼寝
8.屋根なし洞窟の石筍断面
9.見晴台第二洞の洞口
10.シランの谷岩壁での竪穴探検技術訓練
11.シングルロープ技術でロープ登攀
12.終冬洞の降下
13.終冬洞洞口での煙追跡調査

秋吉台(山口県)編
14.猪獅(しし)の抜け穴の管状通路
15.大正洞下層、管状通路とパラジェネシス地形 
16.大正洞下層のペンダントと半管(ハーフチューブ)地形
17.大正洞付近の小洞窟の蛇行通路
18.大正洞中層の風が吹く通路の探検
19.猪獅(しし)の抜け穴ロープ降下
20.大正洞に連結する月穴のムーンミルク
21.犬ヶ森ポノール
22.帰水(かえりみず)ドリーネの一時湖

石垣島(沖縄県)カラ・カルスト編
 カラ・カルストは石垣島東部の白保サンゴ礁近くにある小規模なカルスト地域だが、内陸の山地から流入する地下川によって洞窟がよく発達する。現在、新石垣空港建設予定地として平成13年3月の供用開始に向けて造成工事が進んでいる。しかし自然・文化財保護と空港安全性の両方で多くの問題が生じている。
23.A洞窟の管状(ストロー)鍾乳石とつらら石。
24.A洞窟のつらら石の途中から上へのびた曲り石(ヘリクタイト)鍾乳石
25.B洞窟の鍾乳石でおおわれた部屋
26.B洞窟の天井に届きそうな大きな石筍
27.B洞窟の太い石柱とつらら石、石筍、幕石
28.C洞窟の奇妙なかたちの石筍
29.C洞窟の地下追跡調査
30.A洞窟入口付近のカグラコウモリのコロニー
31.C1洞窟上層で発見されたヒトの頭骨
32.削り取られたC1洞窟
33.洞窟の上に滑走路を建設中




以上、写真展のお知らせでした。
でもなんか写真がないと寂しいので一年ちょい前の平尾台の写真を一枚…

P1000848.jpg

まだ色々知らないころのトミーとコンドム。

2010年09月16日 お知らせ トラックバック(0) コメント(0)

部ツナをつくろう!!

s-IMGP8013.jpg風穴

探検部のブログを書くのは久しぶりです。
ホーエンハイムだった者です。
先日は秋吉台にケイビングをしに行って1日目は楽しかったですが、その晩の飲み会で深酒し過ぎて2日目はきつすぎて楽しむ余裕すらなかったです。SRTも1年ぶりで体力の方もだいぶ落ちてましたしね~

ところで、かねてからの構想があります・・・

続きを読む

2010年09月15日 その他活動 トラックバック(0) コメント(3)

新歓合宿 その弐 ~入洞の際は正装で~

---- 洞  穴  紳  士 ----
石田3逆石田石田3

逆石田石田3逆石田


---- 降☆臨 ----
洞穴紳士





続きを読む

2010年09月01日 洞窟 トラックバック(0) コメント(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。