スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

なかとぅ洞

ならぬ仲塔洞の報告です。

DSC09894_20120804163854.jpg

メンバー:kim、なかとぅ、indows、さかもっちゃん、りっちゃん。

ええ、名前で決めましたとも。

本当はzoeさんも参加予定だったのですが、地獄の課題ラッシュらしく参加を断念。
5人でいってきましたー。

場所は宮崎県椎葉村。
高速飛ばして4時間程度です。

今回はテン場も決めてるのでぐだぐだすることなくスムーズに事が進みました。

P7280687.jpg
テント設営の様子。

P7280700.jpg
この日はみずがめ座流星群の極大時期だったらしく、皆で夜空を眺めながら就寝しました。

P7280703.jpg
翌朝。

DSC09742.jpg
この日の朝食は焼きそば。
りっちゃんが女子力を発揮してくれました。

P7280709.jpg
テン場の全体図。

P7280714.jpg
食事と片付けが済んだら移動。活動場所はここから車で15分程走ります。

P7280719.jpg
活動の準備をしてると、地元のおっちゃんが声をかけてきました。
話を聞いてみると、このおっちゃん、山大がこの洞窟を測量に来ていた頃に、何度か一緒に(?)仲塔洞に入ったことがあるらしく、洞内の様子、洞口の大まかな位置、道路から川への降り口などの情報を教えくださいました。
正直この情報がなければ洞口発見は難しかったと思います。

DSC09766.jpg
出発!

DSC09771.jpg

P7280727.jpg
洞口はあの岩壁の下あたりにあるらしいです。

DSC09773.jpg
もともとは川沿いを歩きながら探そうと思っていたので、この降り口の情報は非常に助かりました。
これは知らないと見つけきれないと思います。

P7280740.jpg
最初に見つけた穴。
ものすごく涼しい風がビュンビュン吹き出しているのですぐ見つけることができました。
が、何故か格子がかけてある上にとても入洞できるようなサイズではないので休憩所として使いました。

DSC09777.jpg
この日の最高気温は32度。ちょーあつい。

洞口探し再開!

掘削された跡であろう礫を辿ると見つけました。
P7280743.jpg

P7280741.jpg
しかし覗き込んでみるに、すぐ詰まっているっぽいです。
てわけで再探索。

P7280746.jpg
今度こそ見つけました。

P7280747.jpg
こいつは当たりだろ!
とはいえ、当初は九電が掘った人口洞(以下Ent.1)から入る予定だったのですが、こいつはどう見ても天然の穴。

もう少しEnt.1を探してみるかなーとも思ったのですが、
仲塔洞はエントランスが3箇所あるので、別の2つのうちのどれかだろうと思ってこっから入る事にしました。
外暑いし。

P7280753.jpg

DSC09804.jpg
暫く洞内を彷徨っていると、どうやら最も高い位置に開いた穴(以下Ent.3)と判明。
ひとまず人口洞まで行ってみてEnt.1の位置を特定することに。

P7280764.jpg
洞内は意外とドロドロしていて、グアノ臭が不快。

P7280763.jpg
それでも新歓以来のケイビングなさかもっちゃんは嬉しそう!

P7280765.jpg

P7280767.jpg
泥坂。行きは良い良い帰りはなんとやらってやつですね。

P7280770.jpg
ところどころロープが。

P7280773.jpg
こいつについてけば間違いないぜ!

P7280771.jpg
すると「出」の文字が。
位置的におそらくEnt.2のことだろうとwktkです。

P7280776.jpg
光が!

しかし近づいてみると20cm×5cm程度の漸く外が覗けるってレベル。
しかし測量図によると間違いなくEnt.2。もしかしてここ20年くらいで埋まったのか・・・?

なにやらちょっと悪い予感がします。

とりあえず目指すは人口洞。
P7280789.jpg
このロープを辿れば間違いなかろう!

DSC09789.jpg
割と高いので不安そうな二人。

登った先にはちょうど良いサイズの空間が。
P7280785.jpg

・・・それだけ!行き止まり!
ロープめ!だまされた!

ここじゃないなら人口洞へのルートが思いつかないので一旦出洞して外からEnt.1を探す作戦に変更。

戻るぜ!
P7280791.jpg

P7280795.jpg
出洞すると、気温差でレンズがくもるくもる。

俺らの入った洞口がEnt.3であることは確定なので、測量図での位置関係からEnt.1を探します。

えーっと・・・これかな?
P7280798.jpg
って最初見つけた天然クーラーの穴じゃん!

・・・もしかしてと思って周りを掘ってみると・・・
P7280805.jpg
そういうことか!
何であんなサイズの穴に格子なんか設けてんだと思ってたんですが・・・埋まっちゃってたのね!

DSC09827.jpg
全ての謎が解けたところで良い時間だったのでお昼ご飯。

ん?ということはEnt.3から人口洞へのルートを見つけ切れなきゃ詰みじゃん!
やっべぇー。

と思いつつEnt.3より再入洞。

・・・問題なくあっさり見つけきれました。
ロープにばかり気をとられて見えてなかったんですね。

ちなみに最初のうちにkimは見つけていて、俺に報告してくれていたのですが、俺が別の詰まったところと思い込んでてそれは違うぜkimーとかのたまってしまってました。
ごめんねkim。

おっしゃーこれで先に進めるぜー!

この日は右洞を攻める予定だったのですが、ent.3が左洞にある上に時間的に右洞を攻めるのは難しそうだったので左洞の再奥部を目指すことにしました。
左の再奥部へ行くルートは3つあったので一先ず近いところから。

P7280807.jpg
うん、これ無理。

P7280809.jpg
竪穴装備がないと不可能でごんす。

人口洞へいって右洞からぐるっといくルートに変更。

P7280819.jpg

P7280823.jpg
これが噂の人口洞か。

DSC09861.jpg

P7280822.jpg
中から見るとこんな状態のEnt.1。こりゃ無理だ。

DSC09876.jpg
奥は礫で埋め立て。覗き込むとコンクリで固めてありました。
おそらくその中は送水管。

DSC09872.jpg
岩があれば登りたくなるなかとぅ。
「人口洞の奥からEnt.1までルートひけるんじゃね?」

気を取り直して再探索。
左洞最奥部を目指すぜ!
P7280831.jpg
ムリコレ!

こっちのルートも竪穴装備必須。

てわけでもうひとつのルートの超狭洞を探します。
P7280836.jpg
このホール周辺にあるはずですが・・・。

P7280835.jpg
測量図を見てもよくわからん。
人海戦術だ!

DSC09883.jpg
kimのみっけたルート。俺だけが行きました。
地図にのってないルートで、奥にはプールのある空間があって、送水管を水が流れる音であろう音が聞こえました。

小一時間探しましたが、結局発見することはできず、左洞最奥部は諦めて出洞。
P7280849.jpg

DSC09890.jpg
いえい!

出洞後はちょっとだけ川遊び。
DSC09911.jpg

DSC09920.jpg
いい活動でした。

着替えた後は買い物がてら色々情報をくれたおっちゃんの所に寄って洞内の報告。

P7280860.jpg
夜は別のグループさんから色々おすそ分けをもらって豪華な食事ができました。


疲れたので次回に続く。

おまけ写真館。
P7280685_20120804183248.jpg
運転おつかれkim

P7280708.jpg
今回の愛車。総走行距離700kmの新車!

DSC09753_20120804183643.jpg
朝、仕事のないindows

P7280724_20120804183249.jpg
いってきます!

DSC09779_20120804183642.jpg
良い天気。

DSC09840.jpg
謎の生物(?)

P7280806.jpg
竪穴。

P7280826.jpg
niconicoきむにぃ

P7280811_20120804183250.jpg
さかもっちゃんのまるくなる!

P7280834.jpg
さかもっちゃんのあなをほる!

P7280843.jpg
さかもっちゃんのきんにくをきたえる!

P7280855.jpg
いわあそび

DSC09897.jpg
青春。

P7280857.jpg
顔無しりっちゃん。

つづく!
スポンサーサイト

2012年08月04日 洞窟 トラックバック(0) コメント(2)

楽しい報告ありがとう

やっぱり夏は洞窟だよねぇ

2012年08月04日 どてらね(故) URL 編集

ちょww

最後の
「青春」
てwwwww

2012年08月05日 kim URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。