スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ぼくらのクリスマスは目白 ~EveEve~

新年あけましておめでとうございます!!
春まで就活で探検部活動が絶望的なkimですこんばんは!

そんな俺にまさか新歓プレに来いだなんてそんなまさかねハハハ…

てことでせめて活動記録を!
俺個人的にも探検部的にも2012年最後の活動、目白洞新歓プレ1の報告です。

DSC03898_20121229033655.jpg

12月22日、
クリスマス直前だと言うのに僕らときたら
泥だらけになりながら地底に潜ろうって言うんだぜ…?
しかも福岡で最長、2000mを超える穴の中に…

非リア達がクリスマス前に穴があったら入りたいつっても限度ってもんがあるだろう。


でも、この日は同時に佐大の方々も活動で平尾台に来るってんでなんとかこう、仲間が増えた━━(゚∀゚)━━!!

的な安心感をもって
たのに出発当日、
「諸事情により佐大の合宿は中止となりました」
(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !!? (`・д´・ (`・д´・ ;)

なんてこった!!!
きっと合宿メンバー全員に突然彼女ができたとかそういうことでしょう。

信じらんねぇ…

お前らだけは信じてたのに…(´;ω;`)




しかし佐大にも
『なんてこった!クリスマス暇になっちまった!』
ってな素敵な子がいたので
『一緒にクリスマス前の狂気を楽しもうぜ!!!』
って誘って連れて行きました。
IMGP9311_20121229031220.jpg
ナカヲを。


素晴らしい!!

肉だらけの食事にフルーツが投入されたような清々しさでした。

はるばる来てくれたお礼にドンキで買った素敵なジュースを贈呈。
IMGP9360_20121229031236.jpg

初○ミクの体液でできたジュースです。
青色でスポーツ飲料みたいな味でした。



ナカヲは九大一年のにーじまと女子女子してました。
IMGP9363_20121229031250.jpg


IMGP9370_20121229031305.jpg





サンタさんありがとう




翌朝、
IMGP9377_20121229031319.jpg
冬の朝はくらーい

準備して入洞!

IMGP9387.jpg


の前に、メンバー紹介してませんでしたね。
こいつは失礼!

それではメンバー紹介!


三度の飯より虫が好き!
CL→indow!
IMGP9423_20121229031434.jpg



座右の銘はパンチドランカー!
IMGP9403_20121229031405.jpg

九探連では「やれやれだー~!↑↑」しか言わなかった!
SL→大福!
IMGP9422_20121229031420.jpg


今年のクリスマスイブはモツ鍋でした!
アドバイザー→kim!
IMGP9386_20121229031334.jpg


ガラの悪い写真しかなかったぜ!!
アドバイザー→パックン(写真右)
DSC03918_20121229033834.jpg


もう客寄せパンダとは言わせない!!
食料係とか記録係そういうの→にーじま!
DSC03904_20121229033727.jpg



の5人でした。
あ、ナカヲは僕らが活動してる間はただひたすら暇なので車で寝てたみたいです。ずっと。
せっかく一眼渡したのに…


ってことで活動開始!!
IMGP9428_20121229031451.jpg


「いってきまーす!」
IMGP9429_20121229031508.jpg



この日の目的はindowがちゃんとルートを覚えてるかどうかの確認と、一回生への洞内教育。

indow先頭でちゃんと行けたかどうかは置いておいて、第一ホールへ。
DSC03654_20121229032733.jpg
改めて振りかえると九大探検部のブログで目白の滝以外の写真がちゃんと載ってたことってあるっけ?

第一ホールとかって載ってなくない?

ってことで参考までに。


この辺りはフローストーンがなかなかきれいです。

実はここから隠し支洞(?)へ進むと世にも珍しい赤い鍾乳石が見れるんですよ。


丘みたいになってる第一ホールから下って行くとT字路になって地下水流とぶつかります。
DSC03660_20121229032749.jpg

ひたすらケーブルを伝って進む進む。


ケーブルが無くなる直前でカエルを見つけました。
DSC03677_20121229032804.jpg

洞内で見つかるカエルって大体こんな色でこんな風にガリガリ。


ケーブルが無くなった後の進み方とか教えつつさらに進む進む。
DSC03687_20121229032820.jpg


ルートが地下水流と合流したら後は大体地下水流に沿って下流に進む進む。
DSC03702_20121229032836.jpg


やあindow。元気かい。
DSC03712_20121229032853.jpg



にーじまが変顔してくれました。
DSC03719_20121229032909.jpg
悔しいですっ!!!



不機嫌?
いいえ
DSC03739_20121229032926.jpg
変顔です!


そんなこんなで白蛇支洞へ。
DSC03759_20121229032942.jpg

亀裂の上を落ちないように進みます。


そして着きましたクライマックス最奥
「洞奥の滝」へ!
DSC03766_20121229032957.jpg


全長20mの滝はでかすぎてファインダーに中々収まりきらない。
DSC03773_20121229033013.jpg

滝壺は地底湖になってて壮観です。


「うわー すごいー!」


って初めてここにきたにーじまが感嘆。
感嘆の余韻に浸りつつこっちに戻ってくる
途中でパックンがやってくれました!!
「バッシャーン!!」
DSC03776_20121229033030.jpg

\(^o^)/

これまで頑張って服を濡らさないようにしてたにーじま、
コピー ~ DSC03776



滝壺に落とされて全身びしょぬれ…
DSC03777_20121229033046.jpg

やっぱ一回生はこうじゃなきゃね!(o^-')b



DSC03778_20121229033103.jpg



ちょっぴりたくましくなったね!
DSC03783_20121229033120.jpg





さてお次はもう一人の一回生大ふk…
DSC03789_20121229033136.jpg

おっ…?

俺「な、何いきなり服脱ぎ始めたの君…?(;´Д`)キモッ

大福「いや、服が濡れたら嫌なので脱いでから飛び込みます!!」
DSC03791_20121229033152.jpg


大福「服をここに置いて…
準備完了です!」
DSC03793_20121229033209.jpg

おぉぅふ…
これはなんとも…

某江頭3時ちょっと前の人にしか…


バッシャーン!!
DSC03794_20121229033226.jpg


ここで注目して頂きたい。
大福の後ろの人に。


彼は何をしているのだろう?



そう、優しい先輩(パックン)は彼が飛び込んでいる間に彼の服を洗濯してくれていたのだ。
DSC03796_20121229033242.jpg
大福「ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!」

リアルこんな感じのリアクションだった。

ちょうおもしろかった。


探検部も4年も続けたらこういう機転がすぐ利くようになるんだね。素晴らしいね。


寒すぎて凍える大福
DSC03802_20121229033258.jpg
(((||゚益゚)))ガクガクブルブル




俺「あー、大福まだ滝壺から出ないでさ、
写真撮るからちょっと溺れかけてる人の振りして静止しといて^^」
DSC03806_20121229033315.jpg

迫真の演技っ!

あんだけ震えてたのに…

大福いい奴である。



お疲れ大福!
洗濯したからびしょぬれになっちゃったけど、ハイ!服!^^
DSC03814_20121229033331.jpg



アドバイザー以外のみんなが仲良くびしょ濡れになったところでお昼ご飯!
DSC03820_20121229033347.jpg


洞内で食うホットドッグ(冷たい)は相変わらずうまい。
冷たいけどほんとうまい。


さて食ったら引き返します。
DSC03825_20121229033405.jpg


帰りもメアンダートレンチの大亀裂を落ちないように進みます。
DSC03830_20121229033422.jpg


白蛇支洞は本洞より二次生成物が顕著で美しい。
DSC03836_20121229033438.jpg


この道、個人的に大好き。
DSC03839_20121229033454.jpg


亀裂の上をひたすら進む、空中回廊って感じ。
DSC03846_20121229033511.jpg

DSC03848_20121229033528.jpg


渋滞中。
DSC03856_20121229033546.jpg
「indowマダー?(・∀・ )っ/凵 チンチン」


白蛇支洞進行中、
なんだか空中に浮いてるように見えんこともない。
DSC03876_20121229033602.jpg


本洞に合流してさらに戻って、
DSC03877_20121229033620.jpg


ナンバーワンの岩で記念撮影。
DSC03895_20121229033637.jpg
ちょww
男二人立てる指違う!!
それだとなんか撮影してる俺がかわいそうだからやめなさい!!


気を取り直してもう一枚。
DSC03898_20121229033655.jpg

このナンバーワンの岩から間違えないように左の道に入って、
ケーブルに合流したらひたすらケーブル追っかけて、、、


観光洞まで帰還!
DSC03902_20121229033711.jpg


お疲れ様!
DSC03904_20121229033727.jpg



長時間ヘルメット付けてると面白い髪型になれる。
DSC03908_20121229033745.jpg


服がびしょ濡れなのに氷点下の中、
「ヒートテックだから寒くなーい!むしろあっついぜー!!」
DSC03913_20121229033801.jpg

とか言いだす髪型が面白い人。



寒すぎて着替えがはかどらない皆様。
DSC03914_20121229033818.jpg

でも着替えないといつまでも寒いから気合入れてちゃっちゃと着替えちゃった方がいいんだぜ!
コレ、ケイビングの豆な。



みんな着替え終わったら目白の管理人さんにごあいさつして帰りました。

帰りはどんどん気温さがってて一面の銀世界になりつつありました。
IMGP9435_20121229031524.jpg


畑はおろか、
IMGP9447_20121229031539.jpg



道路まで!
IMGP9448_20121229031555.jpg

もう少し帰るのが遅かったら凍結の恐れとか出てきてたよね~
危なかったねぇ。チェーンは持ってきてたけど付けるのめんどくさいからねぇ。
運が良かったね。

サンタさんありがとう





というわけで目白新歓プレ1の活動報告でした。

活動後、覚えてるかテストしたら一回生も結構ちゃんと覚えてて、
全体を通してみんなニコニコ楽しそうだったし、
なかなか有意義な活動でしたな。

もしかしたら次で一回生は一通り覚えちゃったりするんじゃあなかろうか!

楽しみですね。
IMGP9355_20130103040642.jpg
スポンサーサイト

2013年01月03日 洞窟 トラックバック(0) コメント(3)

目白の最奥の滝の部分は奥に向かって凹んでるじゃん。
なんでか知ってる?

水量の多い沢の滝では、水流で滝の壁が削られて、滝のある場所が後退していくんだ。
そしてその結果、幅の狭いゴルジュと呼ばれる水路が作られたりする。

目白の滝を見ていると、最奥の空間の作られ方はそれと同じなのかなぁと思う。

天井から出てきた水が滝の上部でバウンドしているから、多分そこまでは後退し続けるんだと思う。

全部想像だから確証はないんだけどもさw

2013年01月03日 ZOE URL 編集

俺も同じこと考えてました!!

あれ昔は滝もっと手前にあったんだろうかなぁ とか。

でも、ただ、
普段はほとんど水量なくて、むしろ二次生成物がひっつく方が多いんじゃないかってくらいしか流れてないあの滝って、昔と今で水量が同じなのか、もし昔の方が水量が多くてあのゴルジュとか滝壺ができたとしたら今後は…?
とか考えてました。

どうしても普段のあの水量では、あの滝の手前にある滝壺はできないだろう、あれは昔あの位置に滝があった時は滝壺ができるくらい常に水量があったんじゃないか…?
とか…

浦田先生とかにご意見お聞きしたいですよねw

2013年01月03日 kim URL 編集

草枕 旅寝に枯れぬ 我よりも
ガラの悪きは 隣のねーちゃん

2013年01月12日 パックン(仮) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。