スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

-dragón azul- 青龍窟新歓プレ合宿

もうすぐ二回生になる一回生、マッツーです。まあ、一度も探検部内でマッツーと呼ばれたことはありませんが...
11/25~11/27に行われた青龍窟新歓プレ合宿をブログにしていきます(今更)。
ちなみにブログの記事を作るのは初めてです。DSCN0615.jpg
では、いってみましょー。

レジアスエースバンに乗っていざ出発!
DSCN0578.jpg
写真にいるのは免許を持たない一年生たち、kmmn(左)とえだまめ(右)です。おきらくなもんですね。自分はこのとき運転席です。
ところで、自分が車を運転するのは実は車校を卒業して以来これが初めてだったんですよね。初めてでバンって...
まあいいか。いい練習になったし。
なんやかんやあって平尾台に到着。そして就寝。


DSC_0134_2017032119055061a.jpg
平尾台に朝が来ました。
来た...のですけど、来るまでが長かった。
というのも、我々一年生s三人は自分の寝袋をまだ持っておらず、部室にあったものを適当に借りてきたんですね。
当然夏用のうっすいやつです。着込んで寝たにも関わらず、凍えるように寒く、眠れない夜を過ごしたわけです。
kmmnに至ってはあまりの寒さのため寝られず、ずっとスマホをいじっていたようです。なんてこった。


そんなことより洞窟だ!各自、準備を始めます。
DSCN0581.jpg
だーいし二世さん(左)に、トッシーさん(右)です。
今合宿で我々一年に洞内ルートを教えてくださる方々のうちの二人ですよ。


準備が終わると、青龍窟を目指して歩き出します。
DSCN0599.jpg
TGOさん(左)と、うじさん(右)です。こちらも先輩方です。


それにしても青龍窟ってなまえかっこいいですよね。日本語でもかっこいいし、
英語(blue dragon)でもかっこいいしスペイン語(dragón azul)でもかっこいい。
きっと何語でもかっこいいんでしょうね。まあどうでもいいや。


洞口にたどりつくまでの道がとても綺麗なのが、自分が青龍窟で好きな点の一つです。
DSC_0137.jpg

洞口に到着!新しい洞窟に入る瞬間は本当にワクワクします。
DSC_0140.jpg
写真に大きく写っている人はウッチーさん。カメラマンを引き受けてくださったので、写真は少なめです。


DSC_0145.jpg
やる気マンマンのうじさん。
今気づいたんですけど、うじさんってなんかおじさんっぽいですね。音の響きが。
正しくは う↑じさんです。「富士山」と同じ発音ですよ。


洞窟に入っていきます。
DSCN0622.jpg

DSCN0626.jpg
洞窟でいろいろ教えてもらっている図。ちなみに、上の図の左から二番目が自分。


えだまめの足が泥にとらわれてしまった!
DSCN0633_20170321195333fdc.jpg
抜け出そうと足掻くえだまめ。


kmmnが助けに入ります。
DSCN0634.jpg
泥に引きずり込もうとしているようにもみえる...(真意は不明)。


なんやかんやあって洞窟から出て、一日目終了。
食って、寝て、体力を取り戻します。一年sは寒さを凌ぐため車で寝ました。


そして、二日目。
DSCN0676.jpg
雨が、降りました___(画像ではわかりにくい)


それでも僕らは洞窟に入る。
DSCN0690.jpg
たとえ、道に迷ったとしても
DSCN0696.jpg
冷たい水に打たれても
DSCN0702.jpg
そこにはきっと、新たな出会いがあるから。




-fin-
スポンサーサイト

2017年03月21日 洞窟 トラックバック(0) コメント(1)

楽しい報告ありがとう

気のせいか最近ムーンミルクが良く見つかります。
白っぽい壁で柔らかければ可能性が有ります。
それらしいのが有れば教えてくださいね。

2017年03月26日 野蝙蝠 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。